ページビューの合計

2015年7月27日月曜日

Trinda2


ASKが西俣野に移転 してからお二人のお客様
がいらっしゃったのを今でも憶えてます、
ある意味強烈なキャラだったからかもしれません

トランダのモロさんと
自称キモオタのトラ乗りK君

二人とも何かあるといつも頼ってくれて
僕はとっても嬉しいです、
ASKは自ら発信する事が少ない
せいか、新規のお客様があまり
居ないのですが、お二人のようなお客さん
が適度に、お店を持ち上げてくれてる事が
事実、雑誌やショーに全く参加しない分
お店に来て貰って、しっかりと技術を見て貰い、
対話して、良い物が出来る、と、思います、

そんなモロさんの大事なバイクを
今回少しだけ触りました、下記参照。




シフターサイドです、ブレーキサイド同様
ステップマウントはS舘号を参考に
マルボスをフレームに直接溶接、
ボルトオンにして整備時に取り外しの
簡易化とマフラーの中通しをしました。



ステップマウントの単体写真が無い
のですが、折れを防ぐ為に裏溶接と
表溶接をしてます、

先日S舘さんがステップを車庫に
ぶつけた際に、同じ構造の
ステップマウントはビクともせずに
ペグのボルトが曲がりました、、
頑丈過ぎ??

良い意味で純正超え、、、


ブレーキサイド

言うまでもなくマフラー中通しを考えたんですが
既存のマフラーをいじる事は絶対に
したくなかったので、、スペース的に
断念。バンクを稼ぐのに斜めに
入り込む様に三次元曲げ、、



オイルタンク電装ボックスは
オイルタンクに見える様に
開閉の蝶番やネジを使わないように、
お客さんがメンテナンスしやすい
要に、HONDA純正のグロメットを使用して
ルックスと利便性の両立を計ってます。

もちろんグロメットが痛んで来たら
HONDAに発注すれば交換可です、
頻繁に使う所こそリペアが簡単な様に
作るのが粋、少々壊れた位で溶接機
を引っぱり出すのはお客さんも僕も
win winにはなれません、


バッテリーカバーはショーライバッテリに
合わせてワンオフ、ステンレスバンドもカバーに
合わせて作成、純正然とした格好にしてます、



ロッド周り

この写真の後、ブレーキ再構築後にカム比の見直し
をしてますが、写真の構成と変わりません
のであしからず、、、、

ピボットは給油式ピロを使用、
リターンスプリングは良く使われる
ブレーキリターンスプリングは引きが弱いので
マフラースプリングを使用、
横方向の取り付け位置決めも
このスプリングなら360度対応です、



カムには真鍮メタルを使用してます、
ベアリング式だとインナーレース
と心棒の錆による固着が有るんじゃないか?
って度々思うので、メンテの時にそんな
事でイライラしたくないのでベアリング
式には今後もしません。僕はイライラしません
がお客さんがメンテ主体だときっとイライラ、、

(多分 笑)
デイリードライバーで考えると、やっぱり
外す事も考えるのでメンテナンスフリー
よりメンテナンスする方を優先です。

実際メカニック時代にシフター周りの
ニードルが固着して粉砕したり、交換するにも
えらい時間が掛かった事が幾度と有ります。

高回転部品には有効ですが、360度も
動かない所にベアリングは要らないって
言うのが解ります、錆も排出されないし、
ベアリング自体鉄だし、、

ナイロンブッシュかメタルが
適材適所で長持ちするかと、、、、



モロさん、ありがとうございました!!

0 件のコメント:

コメントを投稿